人間ドック・健康診断のご提案

当院では土曜日も受診することが可能です。


早期発見・早期治療のため、原則として1年に1回をお勧めしています。


PET検査とは、がん細胞が正常細胞にくらべて多くのブドウ糖を細胞内に取り込む性質を利用し、ブドウ糖が多く集まっている場所から「がん」を発見する方法です。がんの診断に優れた検査ですが、PETのみでは限界があり、超音波検査やCT検査などと併用して行うのが一般的です。当院では併用したコースも準備しておりますので、ご利用ください。


詳細はこちら


人間ドックは自由診療であり、特に症状がない方を対象としています。具体的な症状がある場合には、人間ドックではなく保険診療をお勧めしております。当院ではそれぞれ外来診療も行っております。


詳細はこちら(一般診療)


当院ではすべて1日で行っております。PET検査以外のすべてのコースは1~3時間程度、PET検査を含むコースでは3~6時間程度です。


契約団体によって補助金制度や検査内容が異なるため、費用は一律ではございません。検査内容や費用の詳細については当院までお問い合わせください。


体内に金属が入っている場合、次のような影響が考えられます。

(1)体内の金属が磁力で引き寄せられる。
(2)熱を発生して低温火傷を起こす。
(3)画像に影響する。

これは、金属の素材や形状、大きさなどによって異なります。一般的にチタンやセラミックなどの非磁性体の素材でできている場合は大丈夫です。しかし、実際に何が使われているのか当院では分かりかねますので、念のため、MRI検査を受けても大丈夫かどうか、手術を受けられた病院にお問い合わせください。


胎児への影響が心配されますので、当院では原則禁止とさせていただいております。


豊胸材の破損の危険や痛みが伴うことが考えられるため、当院ではお断りしております。代わりに超音波検査をお勧めしております。


当院では、両方受けられることをお勧めしております。マンモグラフィーと超音波検査ではそれぞれ得意・不得意があり、双方を補うように検査することで発見率が高まります。

経営者のための健康経営セミナー