当院のご案内

検査で使用する造影剤について

CT検査やMRI検査で造影剤をいう薬剤を使用して検査する事があります。
造影剤を使う事で画像検査をより診断しやすくする為に使います。
造影剤を使わないで検査する事もあり、調べたい病気によって変わってきます。

CT検査ではヨード系造影剤というものを使用しています。
安全性が確立されている薬剤を腕の静脈から100ml程度の量を注射して注入しますが、検査時の状態やアレルギー体質などが関係し、副作用が発生する事があります。

1. 比較的軽度の副作用

    1. 吐き気や頭痛、かゆみ、くしゃみ、動悸、じんま疹などが該当します。治療を要さずに回復する事が多く、発生頻度としては5%以下(100人に5人以下)になります。注入時に熱感を感じる事がありますが、数分で引く事が多いです。

2. ちょっと重い副作用

    1. 呼吸困難や血圧低下、意識障害などが該当します。発生頻度としては、0.1%程度(1000人に1人)と言われています。

3. 重篤な副作用

    まれにショックから心停止に至るケースがあります。0.001%未満(10~20万人に1人)の確率と言われています。

MRI検査ではガドリニウム造影剤というものを使用しています。
使用する量は多くて20ml程度でCT検査の時の1/4以下の量になります。
基本的に発生する副作用の症状はCT検査(ヨード系造影剤)と同じです。

MRI検査で胆道系の検査をする時に使用します。鉄分を含む造影剤で経口投与します。
鉄分アレルギーがある場合は使用出来ない事があります。また、鉄分の影響で一時的に便が黒くなる事がありますが、一過性のものです。また副作用として下痢を生じる事があります。

副作用については、①即時性副作用と②遅発性副作用があります。

  1. 1. 即時性副作用は、薬剤注入後すぐに発生し、多くは痒みや蕁麻疹、嘔吐、くしゃみ、喉の違和感などの軽い症状ですが、まれに呼吸困難、ショック、アナフィラキシー様反応などの重篤な症状を生じる場合があります。
  2. 2. 遅発性副作用については、検査の数日後に発生するケースを言います。即時性と比較して症状が軽い場合が多いですが、何か症状が現れた場合は当院か、最寄りの医療機関まで受診下さい。

また、気管支喘息の方や腎機能が悪い方では上記の副作用が発生する確率が上昇すると言われており、使用出来ない場合があります。
※当院では気管支喘息や透析をしている方への造影剤使用は控えています。CT造影検査は透析していても可能です。

 

CTやMRIの造影剤は24時間後にはほぼ体外に排泄されます。尿中排出がメインになりますので、検査当日は水分を多めに摂取するようにして下さい。心臓病や腎臓病などで水分制限をしている方は主治医まで相談して下さい。

 

一部の糖尿病薬はヨード系造影剤と相性が良くないものがあり、乳酸アシドーシスという病気を引き起こす可能性が合われています。そのため該当の薬剤(ビグアナイド系の糖尿病薬)を服用している方は検査当日~検査終了48時間の服用を中断して下さい。
一覧はこちら
http://www.radiology.jp/content/files/20180320.pdf
※日本医学放射線学会の該当ページに飛びます。