放射線治療センター

治療センター紹介

施設紹介

治療センターは「あきらめない治療」「切らずに治す治療」を実践する為に、トモセラピーとサイバーナイフという放射線治療機器を導入しました。現在の放射線治療は画像をガイドにして、病巣へピンポイントで放射線を照射する事が可能です。その為、従来のような正常組織へのダメージを最小限にする事が可能になり、より安全で効果の高い放射線治療を行う事が可能になりました。
栃木県内では初のサイバーナイフとトモセラピーを備える施設として、免疫療法と温熱療法を組み合わせ切らずに治す治療を行っていきます。

※放射線治療センターについて、詳しくはメールまたはお電話にてお問い合わせ下さい。

施設紹介

①放射線治療とは

放射線治療とはX線や陽子線等を使用して、病巣に放射線を当てて治療を行う事です。3大標準治療の一つですが、まだまだ悪性腫瘍に対する選択肢の中では優先度が高くありません。しかし手術のように身体にメスを入れる事はないので外来通院で治療が可能で、かつ痛みも無い事から近年治療数が増加している治療法です。

②リニアック・陽子線との違い

放射線治療の外照射に使用される放射線はいくつかに分類されます。大きく分けてX線を使用したもの、他に陽子線や重粒子線、α線などを使用した粒子線治療の2つがあります。
陽子線を始めとする粒子線は、ある一定の深さに達した時に大きなエネルギーを派生する性質があります。また、粒子線を発生させるのには大きな加速器が必要で、日本国内においても2017年現在、10数施設しかありません。一方X線は粒子線ほどの大きな加速器は必要無く治療を行う事が出来ます。近年ではIMRT(Intensity Modulated Radiation Therapy 強度変調放射線療法)やIGRT(Image Guided Radiation Therapy 画像誘導放射線治療)といった技術も開発され、従来より正常組織へのダメージを抑える事が可能になりました。今回、当院ではIMRTやIGRTが可能な治療機器を導入しています。

②リニアック・陽子線との違い

Shiau先生の報告による左乳房への術後照射の同一症例におけるIMRTの線量分布(a,c)とTomotherapyの線量分布(b,d)の比較

Shiau先生の報告による左乳房への術後照射の同一症例におけるIMRTの線量分布(a,c)とTomotherapyの線量分布(b,d)の比較。Tomotherapyのほうが心臓の線量、肺の線量、いずれも少なく秀でていた。

③放射線治療の目的(根治治療と緩和治療)

放射治療の目的は大きく2つに分けられます。1つめが根治治療と呼ばれるもので、放射線治療によって根治(がんを完全に治す)のを目的とする治療です。がんが初期の場合や再発でも単発の場合は根治を目的として治療を行います。一方の緩和治療は、がんによる症状を和らげる事を目的としています。つまり、放射線治療によって治すのではなく、骨転移による疼痛のような日常生活に支障が出る症状の除去といったケースがあてはまります。根治治療と比較して治療期間が短いといった利点がありますが、完全にがんが消える訳ではありません。転移性脳腫瘍や転移性骨腫瘍による疼痛、腫瘍による四肢の障害等に使用される事があります。

④免疫療法とは

免疫療法とは体内の自己免疫システムを利用しがん細胞を治療する方法です。当院では7種類の免疫細胞を増殖・活性化させて体内に戻すDC hybrid療法、自然免疫細胞のγδT細胞とNK細胞を主に使用するBAK療法、ご自身のがん細胞からワクチンを生成して体内に戻す自家がんワクチン療法があります。診察時に一番適した治療法をご提案します。

⑤温熱療法とは

温熱療法とはがん細胞に熱を加える事でがん細胞をアポトーシス(自死)に導く治療法です。当院の治療機器(オンコサーミア)は特定のラジオ波を使用し、がん細部(悪性細胞)を標的にして加熱する治療機器です。

温熱療法とは

⑥複数の治療法の併用

当院では放射線治療だけではなく、複数の治療法を併用して治療を行っています。免疫療法と放射線治療を行う事で、アブスコパル効果(治療部位以外の転移巣にも効果がある現象)も期待出来ます。診察時に現在の症状や画像診断により病気の進行程度を考慮し、適切な治療法を相談しながら決めていきます。

複数の治療法の併用

他院にて放射線治療を行った方でも放射線治療が可能な場合がありますので、治療が難しいと言われた方についても当院のがん治療外来にてご相談下さい。

アクセスマップ

住所 〒321-0112 
栃木県宇都宮市屋板町561-3
予約 028-657-6700
(受付時間:月〜金 9:00〜18:00)


大きな地図で見る

フロアマップ

 1 F 

  • 1.外観

 2 F 

  • 14.2F通路