医療関係のみなさまへ

医療機器共同利用のご提案

  • PETをはじめとした高度画像診断機器の新しい「共同利用」システムです。
  • 専門医が検査を実施し、読影結果を速やかに主治医様(依頼元病院)にお返しします。
  • 読影結果はキー画像付きの読みやすく質の高いレポートです。
  • 所見の説明・診断・治療は主治医様(依頼元病院)に行っていただきます。
  • 主治医と専門医のダブルチェックにより医療の質の向上が可能です。
  • 検査オーダーから数日以内に検査を行うことができ、早期の診断、治療ができます。
  • 緊急読影および検査にも応じます。
  • 3D画像や機能イメージなど各種画像解析もお受けします。
報告書・所見内容のお問い合わせ電話:月~金 9:00~14:00、15:00~18:00 
※当院の院長が対応いたします。
メール:kensabu@ucc.or.jp(24時間)


送迎の実施月・水・木・土 
依頼施設~当院間の送迎になります。
またストレッチャーの方は対象外になります。
※独歩可能な方が対象になります。

インターネットを利用し、貴院でご使用されているパソコンで当画像サーバーへアクセスし、検査画像とレポートを閲覧いただけるシステムです。画像は全て宇都宮セントラルクリニックに保管されているため、必要なときに検索し、すぐ閲覧することができ、更に従来の様なフィルムの保管スペースも必要ありません。

特長 ~少ないネットワーク負荷で大きな仕事

対応OS
Windows7/8/10 MAC X
動作の快適性
動作・処理自体はサーバーマシンが行い、動作している画面がお手元のパソコンに複写されるような仕組みですので、ご利用に際してハイスペックなパソコンは必要ありません。動作速度のほとんどは回線速度に依存し、データのやりとり自体も、変化分(差分)のデータのみを送受信するため、ストレスなく画像・レポートの参照が可能です。
DICOM-Viewer
医療画像を閲覧するためのアプリケーションが無料でご利用いただけます。 サーバーマシンで動作しますので、快適にご利用いただきます。 また、お手元のパソコンにはライセンスは不要です。

安全性 ~クライアントにデータを残さず、情報漏えいを防止

暗号化技術
Citrix XenApp(シトリックス・ゼンアップ)は、業界標準に基づく暗号化セキュリティをご提供します。
クライアントに情報が残らない
サーバーのモニタ画面情報のみがネットワーク上を往来し、DICOM実データ自体はサーバー内に留り、パソコン内にキャッシュを残しません。
VPNが不要
従来では、ネットワーク上をDICOMデータが移動した際の情報漏洩を防ぐために高額なVPNを張る必要がありました。しかしCitrix XenApp(シトリックス・ゼンアップ)は、その画面情報のみが複写されるため、VPNを張らずにご利用することができます。
連携 ~検査直後でも、遠隔地でも、さらに無料で画像参照が可能です。
連携 ~検査直後でも、遠隔地でも、さらに無料で画像参照が可能です。

※画像をクリックすると大きな画面で表示されます

最短での結果返信
従来のようなCDやFAXとは異なり、検査直後でも画像参照が可能です。
患者さんの紹介があった場合
宇都宮セントラルクリニックで検査を行っていれば、その際の検査画像とレポートをCitrixXenApp(シトリックス・ゼンアップ)で参照する事が可能です。従来のようなフィルムを再度焼く必要もなく、またシステムは無料でご利用できます。
保存期間
Citrixサーバーへの画像保管期間は基本的に5年間です。

検査画像をCDにてご提出致します。検査画像はDICOMで出力され、DICOM専用Viewerを付属しておりますので、ソフトをお持ちでなくても閲覧することができます。
※出力形式にはPDIに準拠しており、PACSをご利用の施設であれば連携も容易に行えます。
※対応OS:Windows7・8

AOCシステム クイックリファレンス
経営者のための健康経営セミナー