医療関係のみなさまへ

ドルニエEposについて

ドルニエEposについて

音速を超えて伝わる圧力の波を使って患部に照射する、治療法です。

ドルニエはESWLの経験と最先端技術を活かした「体外疼痛治療装置」です。この治療機は、世界各国で多くの整形外科の対象者に有効な治療法として認められています。日本では難治性の足底腱膜炎の除痛を目的の場合は保険適応で行う事が出来ます。

ドルニエの3つの効果

足底腱膜炎疑い。踵骨に軽度の骨髄浮腫。治療前に見られた足底腱膜背側の炎症、浮腫は概ね消失している。
①腱付部分における血管新生を誘導。
②疼痛伝達部分(CGRP)を減少させ、中枢への疼痛伝導を抑制。
③衝撃は照射部において、自由神経終末を変性し、再生。
足底腱膜炎が疑われ、痛みが持続している患者様がいればご紹介下さい。

衝撃波による疼痛軽減のメカニズム

治療の流れ

01 ご予約

治療を行う前に専門の医師による診察が必要になります。
外来予約については、028-657-7300(アナウンス①番)までご連絡下さい。


02 情報共有

治療の前に現在の状態を把握する為にMRIの検査を行う事があります。
事前に他院で検査をされている場合は、その画像データをお持ち下さい。


03 治療

Eposを使用して治療を行います。治療時間は1時間程になります。
多少の痛みを伴う事があります。


04 結果案内

治療後、診察を行い治療効果の診断を行います。この時に、MRI画像を撮影し、画像上でも効果が出ているかどうかを確認する事があります。

経営者のための健康経営セミナー