放射線治療センター

放射線治療 トモセラピー

放射線治療 トモセラピー

特徴

トモセラピーとは、最新の放射線技術である強度変調放射線治療(IMRT)を使用した治療法です。

トモセラピー360°方向から連続的に腫瘍を照射することにより、従来の放射線治療より、よりがんの形状に合わせた照射が可能になります。また、ピンポイントに腫瘍を照射できることから、正常組織へのダメージを抑え、短時間での治療が可能になります。

・寝台が移動しながら照射する事が可能な為、従来では離れた部位に転移が起きた場合、2回に分けて照射していたものが1回の治療計画で照射可能です。
・副作用および体への負担がなく、安全な放射線治療のため、QOLの改善には有効な治療方法です。
※放射線感受性が高い(放射線の影響を受けやすい)臓器が近傍にある場合や腹膜播種のような多発転移がある場合は、照射や根治が難しい場合もあります。


IMRTを用いたオリゴメタスタシスへの照射、他の治療法との比較、がんの進行度別での治療法の選択

トモセラピーの大きな特徴はIGRT(画像誘導放射線治療)とIMRT(強度変調放射線治療)を使用しての治療になります。IGRTとは治療を始める前にCT画像を撮影し、治療計画時のCT画像との位置ズレを修正してから治療を開始する事で、より正確に病変に対して放射線を照射します。またMLC(Multi leaf collimator)と呼ばれる開閉式のコリメータを使用し、より複雑に放射線の強度を変更したIMRTが可能になりました。
トモセラピーは360度方向からのヘリカル照射が可能なので、従来機器と比較して正常組織への線量を限りなく抑え、かつ病変への照射線量を増やす事が可能です。また、頭尾方向に大きな照射野の設定が可能になった事で、IMRTを使用したオリゴメシスタス(小数個の転移)への照射も可能になりました。これによりアブスコパル効果(原発に放射線治療を行うと、照射部位だけでなく転移巣にも効果を発揮する現象)も期待出来ます。
当院のトモセラピーにはトモダイレクトという機能もあり、従来のリニアック装置と同じような照射も可能でトモダイレクトとヘリカル照射を組み合わせてのブースト照射も行っております。

TomoDirectによる全乳房照射

宇都宮セントラルクリニック治療棟で治療可能ながん種

注意事項

保険適用条件

限局した固形がんであれば保険適応です。医療費の自己負担額が高額になった場合は、高額医療費制度の適用になる事があります。詳しくはがん治療相談、セカンドオピニオン外来などで来院の際にお問い合わせください。

治療金額

保険診療の場合は1部位が3,000点(30,000円)になります。その他、放射線治療管理加算5,000点(50,000円)等がかかります。上記の3割負担(もしくは1割)が自己負担金額になります。
参考例)35回治療が必要な場合の自己負担額は約400,000円
※医療費の自己負担額が高額になった場合は、高額医療費制度の適用になる事があります。詳しくはがん治療相談などでご来院の際にお問い合わせ下さい。

副作用について

放射線治療は高線量の放射線を使用して治療を行う為、急性放射線障害と晩発性放射線障害と呼ばれる症状が起きる事があります。急性放射線障害の主な症状は皮膚炎・脱毛 等があります。
また、吐き気、全身の倦怠感や疲労感などが出る場合もありますが、これらの症状は一過性である事が多いです。個人差があり、吐き気や倦怠感といった症状は放射線治療を行った方、全員に症状が出る訳ではありません。一方、晩発性放射線障害は肺線維症や膀胱炎などがあります。詳しくは放射線治療専門医にお尋ね下さい。