放射線治療センター

医師紹介

外来予定表

1(日)

休診

2(月)

午前
山本
午後
山本
中川

3(火)

4(水)

午前
山本
午後
山本
白井

5(木)

午前
小川
午後
小川

6(金)

午前
担当医
午後
塚本

7(土)

休診

8(日)

休診

9(月)

休診

10(火)

11(水)

午前
山本
午後
山本

12(木)

午前
小川
宇塚
午後
小川

13(金)

休診

14(土)

休診

15(日)

休診

16(月)

午前
山本
午後
山本

17(火)

18(水)

午前
山本
午後
山本
白井

19(木)

午前
小川
午後
小川

20(金)

午前
担当医
午後
塚本

21(土)

休診

22(日)

休診

23(月)

午前
山本
午後
山本
中川

24(火)

25(水)

午前
山本
午後
山本

26(木)

午前
小川
宇塚
午後
小川

27(金)

午前
担当医
午後
塚本

28(土)

休診

29(日)

休診

30(月)

午前
山本
午後
山本
中川

31(火)

医師紹介

山本 健太郎

放射線治療部長 山本 健太郎

診察 月曜日、火曜日、水曜日:午前 / 午後
専門科 放射線治療科
最終学歴 東京大学医学部医学系研究科
現職 宇都宮セントラルクリニック
所属学会等 日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会
日本癌治療学会
中川 恵一

東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長 中川 恵一

診察 月曜日:午後
専門科 放射線治療科
最終学歴 東京大学医学部医学科
現職 東京大学医学部附属病院 放射線治療 部門長
所属学会等 日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本緩和医療学会
米国放射線腫瘍学会
白井 克幸

自治医科大学放射線科教授 白井 克幸

診察 隔週水曜日午後
専門科 放射線治療科
最終学歴 群馬大学医学系研究科大学院
現職 自治医科大学 放射線科 教授
所属学会等 日本放射線腫瘍学会
アメリカ放射線腫瘍学会(ASTRO)
日本癌治療学会
日本医学放射線学会
米国臨床腫瘍学会(ASCO)
国際肺癌学会
塚本 信宏

さいたま赤十字病院 放射線治療科 塚本 信宏

診察 金曜日:午後
専門科 放射線治療科
最終学歴 慶應義塾大学大学院医学研究科
現職 さいたま赤十字病院 放射線治療科
所属学会等 日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会
日本医用画像工学会
小川 一成

自治医科大学 放射線科 臨床助教 小川 一成

診察 木曜日:午前 / 午後
専門科 放射線治療科
最終学歴 聖マリアンナ医科大学
現職 自治医科大学 放射線科 臨床助教
所属学会等 日本医学放射線学会、
日本放射線腫瘍学会

自治医科大学 放射線科 臨床助教 福田 友紀子

診察 毎週火曜日
専門科 放射線科
最終学歴 杏林大学医学部医学科
現職 自治医科大学 放射線科 臨床助教
所属学会等 日本医学放射線学会
日本放射線科専門医会
日本放射線腫瘍学会

獨協医科大学 脳神経外科准教授 宇塚 岳夫

診察 第2・4木曜日午前
専門科 放射線治療科
最終学歴 新潟大学医学部大学院医学研究科
現職 獨協医科大学 脳神経外科 准教授
所属学会等 日本脳神経外科学会
日本脳腫瘍学会
日本脳腫瘍病理学会
日本脳腫瘍の外科学会

放射線治療セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオンとは主治医を変える事ではなく、自分の病気・病態について最善だと思える治療を判断する為に、専門の別の医師の意見を聴くことです。
主治医を変える訳ではありませんので、担当医との関係悪化を懸念してセカンドオピニオンを言い出せない等の心配はございません。
ご自身が納得される治療法を選択する為にも、セカンドオピニオンにて治療法のメリット・デメリットを確認して納得される事が大切です。
治療の選択肢が広がれば患者さまの希望に繋がると考えます。セカンドオピニオン外来では、委任状(形式は自由)があれば、ご家族の方からのご相談も承っております。

当院では「放射線診断専門医」と「放射線治療専門医」が診察を行っております。(完全予約制・対面、オンライン可)

 

「放射線診断専門医」は、画像診断のスペシャリストですので、セカンドオピニオンの際に持って来ていただく他院で撮影された画像を見直す事で、現在の状態を再評価します。また、当院の最新画像診断設備(CT、MRI、PET)を駆使し、MRIやCTでは1cm程度まで、PETでは5mm程度までの病変の早期発見をすることのできる医師です。 「放射線治療専門医」には、サイバーナイフやトモセラピーといったがんの高度放射線治療のご相談をいただけます。

日本は先進国のなかで最も放射線治療が行われない国と言えます。欧米ではがん患者さんの6割が放射線治療を受けています。放射線治療は外来通院で受けることができ、カラダへの負担も非常に少ない治療です。新たに3名の放射線治療専門医による体制でセカンドオピニオンを受けられますので、お問い合わせください。

セカンドオピニオン外来
東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長

中川 恵一


日本人男性の3人に2人、女性でも2人に1人が、がんになりますが、がん治療は一種の「情報戦」です。そして、最初の治療の成否で運命が決まってしまう「敗者復活戦のない一発勝負」と言えます。適切な治療にたどり着けるかどうかが勝敗を分けてしますのです。 白血病を除く「固形がん」を完治できるのは手術と放射線治療の2つですが、日本は先進国のなかで最も放射線治療が行われない国と言えます。欧米ではがん患者さんの6割が放射線治療を受けていますが、日本では増えてきたとはいえ、3割にも満たないのが現実です。放射線治療は外来通院で受けることができ、カラダへの負担も非常に少ないのに、そのメリットが活かされておらず、とても残念です。 一方、放射線治療の進歩は日進月歩です。もし、仮に放射線をがん病巣だけに100%集中させることができれば、無限に放射線をあてることができ、がんは100%消え、副作用も皆無という、夢の治療が可能になります。  しかし、がんは体内にあって見えませんし、形も非常に複雑ですから、この理想は机上の空論にすぎませんでした。でも、最近では、画像診断やテクノロジーの進歩で、かなり現実的になってきました。放射線治療はハイテク治療の代名詞と言えるのです。 私が部門長を務める東大病院放射線治療部門では世界でもトップクラスの高精度治療を行っていますが、昨今の経済事情もあり、最新鋭の装置を取りそろえることはかならずしも容易ではありません。その点、宇都宮セントラルクリニックでは、東大病院にもない最先端の治療装置(最新のトモセラピー、サイバーナイフ)が導入されています。 また、今回、専門医資格を持つ新進気鋭の山本医師を常勤で派遣しているほか、私自身も週1回、外来を担当しています。東大病院放射線治療部門が全面的にバックアップする体制が整っているのです。遠慮無く、ご相談にお越し頂きたいと思います。

東京大学医学部附属病院
放射線治療部門長
中川 恵一

1985年 東京大学医学部医学科卒業
1985年 東京大学医学部放射線医学教室入局
1989年 スイスPaul Sherrer Institute客員研究員
1989年 社会保険中央総合病院 放射線科
1993年 東京大学医学部附属病院 放射線科医員
2002年 東京大学医学部附属病院 放射線科准教授
2003年 東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部長(兼任)
2014年 東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長

まずは、主治医の先生に相談してください。

01 診察予約

予約フォームまたはお電話よりご予約ください。
TEL:028-657-7300ガイダンス後①を押してください。
後日、相談日時等につきまして、当院よりお電話にてご連絡致します。

02 資料のご準備

1.紹介状
2.診療情報 … 病理検査・画像検診(CT・MRI・エコー・X線など)・血液検査
3.申し込書の記入


03 ご来院

医師との面談を行い、
セカンドオピニオン、再ステージング、治療計画の立案、治療を行います。


料金

¥33,000(税込)(初診料と画像診断料が含まれます)

※設問のテキストリンクをクリックし、回答をご覧ください。


主治医を変えるわけではありませんので、ほとんどの医師が協力してくださいます。まず一度ご相談してみることをお勧めします。

診療情報提供書、検査結果、画像等がございますと診察がスムーズに行えます。できる限りお持ちいただくようお願いしております。

可能です。患者様ご本人の同意書が必要となります。

診察に十分な時間をお取りするため、ご予約をお願いしています。