医療関係のみなさまへ

医接連携のご案内

MRI Acchieva3.0T

MRI Acchieva3.0T
医療業界では「病診連携」(病院&診療所)の必要性が叫ばれて久しくなりますが、我々、宇都宮セントラルクリニックでは、地域の医療サービスの向上を目指し「医接連携」(医療&接骨院・整骨院)をご提案いたします。それは、施術のエキスパートと画像診断のエキスパートがそれぞれの専門分野を生かし、迅速かつ正確な診断と施術を患者様に提供する「チームワーク」プログラムです。
イメージ頚部捻挫、腰部捻挫、交通事故後遺症、むちうち、スポーツ傷害、頚部痛、背部痛、腰痛、腱鞘炎、野球肘、テニス肘、坐骨神経痛、股関節痛、膝痛、足首痛、仕事上のケガ、肩こり、肩の痛みなど
上記のような症状で治療を行なっているが改善しない。またどんな状態なのか確認したい。といったときには当院にご紹介ください。症状に合わせて必要な画像診断を行います。
 
  • 高度画像診断機器の新しい「共同利用」システム
  • 専門医が検査を実施し、読影結果を速やかに先生方に返還読影結果はキー画像付きの読みやすく質の高いレポート
  • 所見の説明・診断は当院の院長が責任をもってご説明を実施その後、かかりつけの施療所にて施術
  • ご紹介から数日以内に検査を行うことができ、早期の診断、治療が可能
  • 緊急読影および検査にも対応
  • 正確かつ迅速な診断と適切な施術を行うことで苦痛や不安感を軽減
  • 的確な画像診断により最良の施術計画を立てることによって回復への近道
  • EBM(根拠に基づく医療)に即した施術を提供しつづけることによる信頼感・安心感
  • 患者様に対して適切な画像診断をした上で、確実に貴院に返還また当院の院長が適切なコメントをつけた診断書を一緒に返還
  • 最新の画像診断機器により、迅速に鑑別診断を実施

頚椎MRI
椎体の連続性は整。各椎間板の信号は低下し、C5/6の椎間板は正中後方から右後外側に軽度突出を認めます。
脊髄は軽度圧迫されいていますが、脊髄内に高信号は認めません。神経孔の狭小化を認めません。

まとめ
頚椎MRI 1
頚椎MRI 2
頚椎MRI 3
頚椎椎間板ヘルニア、軽度、C5/6

先生
いつもお世話になっております。
頚椎のヘルニアに関しては、前回の所見と比較して、明らかな異常を認めません。

検査の流れ

01 ご予約
※完全予約制になります。まずはご予約ください。
X-P・CT検査:028-657-7300
MRI検査:028-657-7303
02 依頼表記入
依頼票に記入をお願い致します。
依頼票はこちら(PDF)
画像公開同意書はこちら(PDF)
03 撮影
ご紹介当日、宇都宮セントラルクリニックにて診察検査
04 結果案内
紹介元の施療所にすべての検査データを添えてお渡し致します。
05 施術
かかりつけの施療所にて、診断書に基づいた施術