当院のご案内

 

当院は、97年の開業以来、常に最先端の画像診断を提供してまいりました。
私が、栃木県ではじめて超伝導MRIを鷲谷病院で使い始めて以来、脳ドックの普及や心臓ドックの普及を通して予防医学も実践してまいりました。
2003年からは、栃木県で始めてPETセンターをオープンし、がんの臨床および予防医療に応用しています。そして、2007年からは、3T―MRIを県内で始めて導入し、高精度なMR診療を提供してまいりました。
乳がん診療に対しても、2010年よりドイツシーメンス社製のABVS2000という3D超音波装置を県内で始めて導入し、2012年からは、ドイツシーメンス社製の3Dトモシンセシス Inspirationという新しいタイプのマンモグラフィを導入しました。

 

現在日本における乳がんの死亡率は、1996年以降、女性の死因のTOPを占めており、2008年には、年間約5万人が罹患し、約12000人が死亡しています。乳がんの予防方法は確立しておらず、早期診断による二次予防しか救命できません。一方、乳がん検診の受診率は、全国平均で約25%と極めて低い受診率で、乳がん検診の普及を阻害している原因として、検査時の痛みの問題があり、それを解決するのがこの3Dトモシンセシスによるマンモグラフィです。
2013年12月には、乳腺センターをオープンし、精度の高い・快適な検査センターを提供してまいりました。今後ともよろしくお願い致します。

宇都宮セントラルクリニック代表 佐藤俊彦
1985年 福島県立医科大学卒業
1987年 日本医科大学第一病院 放射線科
1989年 獨協医科大学付属病院 放射線科
1993年 鷲谷病院 副院長
獨協医大非常勤務講師
1995年 有限会社ドクターネット設立
1997年 宇都宮セントラルクリニック開院
現在 宇都宮セントラルクリニック 理事
セントラルメディカル倶楽部 顧問医
(株)AIIM JAPAN 代表取締役社長
Medical Research(株) 顧問
(株)フリール 取締役
米国財団法人 野口医学研究所 理事
NPO野口医学研究所 専務理事
トーマスジェファーソン大学 客員教授

 

当院のウェブサイトへようこそ。
近年注目されているメタボリック症候群に代表される生活習慣病に対処するには、医学的根拠に基づいた日々の健康管理が非常に重要となります。当院では、画像診断に注力してきましたノウハウを駆使して、みなさまの日々の健康管理のサポートをおこなっております。
各科の専門医による細やかな診療と、最新の高性能診断機器による画像診断は、みなさまのお体の状態を正確に把握し、最善の治療へと導くことが可能となります。病気になってからご来院いただくだけでなく、少しでも「変だな」と思われたら、どうかお気軽にご相談ください。治療はできる限り「未病(半健康・半病気の状態)」のうちに。
わたしたちはみなさまの「ホームドクター」をめざして努力してまいります。

院長 斎藤友雄
1992年 新潟大学医学部卒業
新潟大医学部付属病院 放射線科
1993年 鶴岡市立荘内病院 放射線科
1994年 長岡中央綜合病院 放射線科
1999年 新泻大学大学院医学研究科修了
新潟市民病院 放射線科
日本医学放射線学会 優秀論文賞受賞
2001年 新潟県立がんセンター 放射線科
2003年 東京医科歯科大学医学部 放射線科
佐野厚生総合病院 放射線科
現在 宇都宮セントラルクリニック院長
日本医学放射線学会専門医
日本核医学会専門医
PET核医学認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本医師会認定産業医