当院のご案内

最新放射線治療でがんに勝つ
最新放射線治療でがんに勝つ
サイバーナイフとトモセラピーが、がん治療を変える

痛みなし、副作用なし、入院なし、手術のいらない、まったく新しいがん治療とは?
日本ではがん治療について、手術ファーストが圧倒的な常識となっている今。
常に最先端の画像診断を通し多くのがん患者を診てきた医師が、重粒子線や陽子線、サイバーナイフやトモセラピーなど、これからの時代、ますます求められる高度放射線治療について書き下ろしました。ぜひご覧下さい。


アマゾンで購入する場合はこちら
楽天ブックスで購入する場合はこちら
薬いらずで認知症は防げる、治せる!
「薬いらずで認知症は防げる、治せる!」
「キレる老人」は認知症の可能性大!

さまざまな論文や研究により、これまで「アミロイドβ」という原因物質が認知症を起こすとされてきた、「アミロイドβ仮説」。それをもとに様々な薬剤も研究もされてきましたが、未だに根本的な治療薬は出てきていない状況です。このような中で、アルツハイマー病の真因は「ホモシステイン酸」というアミノ酸であることを研究している佐賀女子短大の長谷川名誉教授は、この「ホモシステイン酸」の抑制、つまりは体内から減らすことがアルツハイマー病の予防や根本治療につながると論文等にて発表されています。また、ホモシステイン酸を還元・ブロックすることを目的としたサプリメントを開発され、実際にアルツハイマー病の患者様へ6カ月間摂取した結果についても論文にまとめられ発表されています。
この度、長谷川名誉教授と佐藤俊彦先生の共著である本が先月出版されました。著書の中では、認知症をあらゆる角度で捉えています。


アマゾンで購入する場合はこちら
楽天ブックスで購入する場合はこちら
あなたのがんは「これ」で9割防げる
がんになった医者が書いた
がんはステージ0で見つけ、未病で治す

もっと確実にがんを見つけ、もっと確実にがんを叩き、もっと確実にがんを防ぐ方法はないものか。たどり着いたのが、PET-CTやテロメスキャンという、「見えないがん」を見つけるためのより精密な検査方法であり、免疫細胞療法という、「見えないがん」を叩き、がんの発症や再発・転移を防ぐ方法論でした。


アマゾンで購入する場合はこちら
楽天ブックスで購入する場合はこちら
ボケは止められる!
第一人者が語る!
超高齢社会に突入した日本。

今や認知症は他人事ではありません。
しかし、MCI(軽度認知障害)の時点で、適切な診断と治療を施すことができれば、ボケの進行を止めることは可能です。
認知症を発症してしまった脳を1万件以上診てきた画像診断の第一人者が「一生安心して生きるために知っておきたい最先端のボケの止め方」を紹介します。


アマゾンで購入する場合はこちら
楽天ブックスで購入する場合はこちら
超早期乳がん最新治療
やさしく見つけて、やさしく叩く!
最先端検査が実現した超早期乳がん最新治療

日本では16人に1人がかかるといわれる乳がん。
治癒率を高めるには「早期発見」がカギです。
2ミリのうちに見つけ出せば、切らずに治すことができることをみなさんご存知ですか?
苦痛だった乳がん検診も劇的に改善。そんな画期的な”超早期発見・治療法”を徹底紹介します!


アマゾンで購入する場合はこちら
楽天ブックスで購入する場合はこちら
がん消滅:「見えないがん」を見つけて叩く!
最新の診断機器でも検出できない超早期のがん
がん消滅:「見えないがん」を見つけて叩く!

日本では、毎年30万人を超える方ががんで亡くなっています。
昨今では、画像診断機器も進歩し、早期のがん検出が可能になってきています。
しかし、そんな最新の診断機器でも検出できない超早期のがん・・・「見えないがん」があるのです。
本書では、その「見えないがん」を叩き潰し、がんの発症、再発および転移予防の可能性を飛躍的に高める最新治療システムをご紹介します。
みなさんの生命のために、必ず役立つ1冊となります。


アマゾンで購入する場合はこちら
楽天ブックスで購入する場合はこちら