放射線治療センター
  • 医療法人DIC 宇都宮セントラルクリニック 放射線治療センター 科学的根拠に基づいた「あきらめない治療」を実践

がん治療について

最近、【がん難民】という言葉をよく耳にします。民間研究機関の調査ではがん難民が、がん患者の半数以上の推計約68万人以上に上るとしています。ここでの【がん難民】の定義は「医師の治療説明に不満足、または、納得できる治療方針を選択できなかった患者さま」としています。
納得できる治療を求めて悩んでいるたくさんのがん患者さまに対して、当院では「がんは不治の病ではない」「アプローチは一つではない」「何かできる治療はないか?」あらゆる角度から進化しているがん治療を用いて「あきらめない治療」を科学的根拠(治療前後のPET/CTなど最新の画像検査によるエビデンスの取得など)に基づいて実践しております。
 
当院のがん治療センターについて
 
自由診療はこちら
免疫細胞療法

治療センター紹介

治療センター

宇都宮セントラルクリニックの治療センターは「あきらめないがん治療」を実践する為に設立されました。当院では、放射線治療+温熱療法+免疫療法を同時に行う事が可能な全国でも数少ない施設です。現在の状態に合わせて相談をし、各治療法の特徴を考慮・選択・組み合わせを行う事で患者様との納得の上で治療を行います。相談の結果、手術が第1選択になった場合でも迅速に提携医療機関へ紹介を致します。

※放射線治療センターについて、詳しくはメールまたはお電話にてお問い合わせ下さい。

セカンドオピニオン外来

宇都宮セントラルクリニックのサイトにリンクしております。

 
 
オンライン診療ト

オンライン診療専用サイトにリンクしております。

がん治療の種類

高精度放射線治療装置 トモセラピー

トモセラピーとは、最新の放射線技術である強度変調放射線治療(IMRT)を使用した治療法です。
トモセラピーが360°方向から連続的に腫瘍を照射することにより、従来の放射線治療より、よりがんの形状に合わせた照射が可能になります。また、ピンポイントに腫瘍を照射できることから、正常組織へのダメージを抑え、短時間での治療が可能になります。

高精度放射線治療装置 サイバーナイフ

ロボット誘導型定位放射線治療機器と呼ばれ、線量集中性や位置補正、非侵襲性に優れた放射線治療機器です。
※定位放射線治療とは従来の外照射よりも高精度な位置決めにより病変の形状に合わせた照射をする事です。周辺の正常組織の被爆を減らし対象部位に高線量を照射します。

温熱療法 オンコサーミア

新たな発想による原理を用いた治療法~悪性腫瘍の細胞膜を破壊~
次世代型の腫瘍温熱療法「オンコサーミア」は、低出力(最大150W)の特定ラジオ波を使用し、悪性腫瘍細胞のみを標的に照射して加温(42℃程度)することで、本来の免疫機能を活性化させて悪性腫瘍を自死(アポトーシス)に導く治療法です。

放射線治療専門医が教える
がん治療ブログ

手術・化学療法と並ぶ、第3の治療法としての放射線治療について放射線治療専門医が分かりやすく解説しています。放射線治療は痛みが無く外来通院治療が可能ですが、リニアック・サイバーナイフやトモセラピー、粒子線治療といった多くの種類があります。それらの違いや治療での副作用など、放射線治療を受けている方だけでなく放射線治療をこれから検討している方にもご覧頂きたい内容です。随時記事も更新していますのでぜひご覧下さい。