放射線治療センター

がん治療外来

がん治療を諦めない

1.がんは不治の病ではない 2.アプローチは1つではない 3.何か他にできる治療はないか

がん患者様は死に向かって歩いているのではありません。
最後まで生きるために歩けるよう・・・当院では患者様と共に「あきらめないがん治療」を提案していきます。

日本におけるがんの標準治療は、手術・抗がん剤・放射線治療の3本柱で構成されています。
3人に1人ががんでなくなられている中で、果たして本当にこの3本柱がすべてのがん患者様に相応しい治療法なのでしょうか。また、治療法はこれだけなのでしょうか。
医療が進歩して様々な治療法が生まれている現在では、医師によってあなたの病気に対する考え方が異なることがあります。医師や病院によって、医療技術や診療の方針も差があることもあります。
実際、多くのがん患者様が相談に来ています。この患者様の大半は「がん難民」と言われる方々です。

※日本医療政策機構では、「がん難民」を「治療説明治もしくは治療方針決定時のいずれかの場面において、不満や不納得を感じたがん患者」を広義に「がん難民」と定義しています。

多くの方からは「手術後の定期検診だけでは不安」と聞きます。また、実際に再発されてから相談にいらっしゃる方もいます。やはり保険診療範囲内の治療で限界があるのは否めません。当クリニックにいらっしゃる方は、定期検診だけではなく、免疫療法やテロメスキャン、超高濃度ビタミンC点滴療法、温熱療法を実施し、漠然とした不安から解放され、支障ない日常生活を送っています。

診療方法

がんの診療は、「予防(再発予防)」→「精密検査・診断」→「手術+治療」→「術後評価」というサイクルで診療が実施されています。しかし、一般の治療医療機関では、どうしても混雑から術後の評価に関しては、十分な検査や経過観察体制が整備されているとは言い難い状況です。
当院ではがん治療外来で、あなたの診療情報や画像診断検査のデータ、フィルム、読影結果を基に画像診断専門医によるコンサルテーションを行い、科学的根拠に基づいた「あきらめない治療」を実践しております。
 
一般的ながん診療のサイクル

当クリニックで解析したPET / CT画像
なぜ画像診断が重要なのか?
術後、放射線治療や化学療法を適切に実施するには、今の病状をしっかりとステージングし直すことが大切です。これをリ・ステージング(re-staging)といいます。リ・ステージングを行うには画像診断が極めて重要な役割を果たします。
まずは術後の治療を行う前に、画像診断として、PET/CTおよび頭部造影MRIなどの検査を実施するべきであると考えます。
画像診断がん治療外来では、全身のがんの状態を明らかにし、治療ターゲットを的確に絞り込むことにより、今の生活の質(QOL)を落とさないための治療をご提案いたします。

治療までの流れ

治療までの流れ

当院は、腫瘍マーカーがあがってきた、あるいは術後なにも経過観察の画像診断を実施されていない患者さん向けに、PET/CT検査および頭部造影MRI検査の画像診断によるリ・ステージング(re-staging)を行います。

当院のがん治療法

リ・ステージング(re-staging)を行った後は、がん患者様一人一人に合った最善の治療方法を医師からご提案、ご説明して納得いただいた上で下記の内容で治療を進めていきます。