セカンドオピニオン外来

主治医以外の医師に第2の意見を求める

セカンドオピニオンとは主治医を変える事ではなく、自分の病気・病態について最善だと思える治療を判断する為に、専門の別の医師の意見を聴くことです。
主治医を変える訳ではありませんので、担当医との関係悪化を懸念してセカンドオピニオンを言い出せない等の心配はございません。
ご自身が納得される治療法を選択する為にも、セカンドオピニオンにて治療法のメリット・デメリットを確認して納得される事が大切です。
治療の選択肢が広がれば患者さまの希望に繋がると考えます。セカンドオピニオン外来では、委任状(形式は自由)があれば、ご家族の方からのご相談も承っております。

当院では「放射線診断専門医」と「放射線治療専門医」が診察を行っております。(完全予約制・対面、オンライン可)

 

「放射線診断専門医」は、画像診断のスペシャリストですので、セカンドオピニオンの際に持って来ていただく他院で撮影された画像を見直す事で、現在の状態を再評価します。また、当院の最新画像診断設備(CT、MRI、PET)を駆使し、MRIやCTでは1cm程度まで、PETでは5mm程度までの病変の早期発見をすることのできる医師です。
「放射線治療専門医」には、サイバーナイフやトモセラピーといったがんの高度放射線治療のご相談をいただけますので、お問い合わせください。

セカンドオピニオン外来
宇都宮セントラルクリニック代表

佐藤 俊彦


画像診断の専門医(放射線科専門医)として、これまで数多くの診断を行い、また患者様と向き合ってきました。画像診断は患者様の状態・状況によってMRI、PET/CT、超音波、内視鏡などの検査を総合的に行いお互いの検査の弱点を補うことによって、より精度が高い診断が可能です。しかし、画像診断も万能ではありません。
当クリニックは、「見えないがんを診つける」をコンセプトに画像診断によるセカンドオピニオン外来を行うと伴に画像診断検査で発見されないがんを見つけ、予防・治療することを目指しております。

宇都宮セントラルクリニック代表 佐藤俊彦宇都宮セントラルクリニック代表
佐藤 俊彦

1985年 福島県立医科大学卒業
1987年 日本医科大学第一病院 放射線科
1989年 獨協医科大学付属病院 放射線科
1993年 鷲谷病院 副院長
獨協医大非常勤務講師
1995年 有限会社ドクターネット設立(現・株式会社ドクターネット)
1997年 宇都宮セントラルクリニック開院
現在 医療法人DIC 理事
医療法人社団NIDC 理事長
医療法人社団順正会 理事
特例認定NPO法人ピンクリボンうつのみや 理事長
セントラルメディカル倶楽部 顧問医
メディカルリサーチ(株) 顧問医
米国財団法人 野口医学研究所 理事
トーマスジェファーソン大学 客員教授
 
 
東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長

中川 恵一


日本人男性の3人に2人、女性でも2人に1人が、がんになりますが、がん治療は一種の「情報戦」です。そして、最初の治療の成否で運命が決まってしまう「敗者復活戦のない一発勝負」と言えます。適切な治療にたどり着けるかどうかが勝敗を分けてしますのです。
白血病を除く「固形がん」を完治できるのは手術と放射線治療の2つですが、日本は先進国のなかで最も放射線治療が行われない国と言えます。欧米ではがん患者さんの6割が放射線治療を受けていますが、日本では増えてきたとはいえ、3割にも満たないのが現実です。放射線治療は外来通院で受けることができ、カラダへの負担も非常に少ないのに、そのメリットが活かされておらず、とても残念です。
一方、放射線治療の進歩は日進月歩です。もし、仮に放射線をがん病巣だけに100%集中させることができれば、無限に放射線をあてることができ、がんは100%消え、副作用も皆無という、夢の治療が可能になります。
 しかし、がんは体内にあって見えませんし、形も非常に複雑ですから、この理想は机上の空論にすぎませんでした。でも、最近では、画像診断やテクノロジーの進歩で、かなり現実的になってきました。放射線治療はハイテク治療の代名詞と言えるのです。
私が部門長を務める東大病院放射線治療部門では世界でもトップクラスの高精度治療を行っていますが、昨今の経済事情もあり、最新鋭の装置を取りそろえることはかならずしも容易ではありません。その点、宇都宮セントラルクリニックでは、東大病院にもない最先端の治療装置(最新のトモセラピー、サイバーナイフ)が導入されています。
また、今回、専門医資格を持つ新進気鋭の山本医師を常勤で派遣しているほか、私自身も週1回、外来を担当しています。東大病院放射線治療部門が全面的にバックアップする体制が整っているのです。遠慮無く、ご相談にお越し頂きたいと思います。

東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長
中川 恵一

1985年 東京大学医学部医学科卒業
1985年 東京大学医学部放射線医学教室入局
1989年 スイスPaul Sherrer Institute客員研究員
1989年 社会保険中央総合病院 放射線科
1993年 東京大学医学部附属病院 放射線科医員
2002年 東京大学医学部附属病院 放射線科准教授
2003年 東京大学医学部附属病院 緩和ケア診療部長(兼任)
2014年 東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長

まずは、主治医の先生に相談してください。

01 診察予約

予約フォームまたはお電話よりご予約ください。
TEL:028-657-7300ガイダンス後①を押してください。
後日、相談日時等につきまして、当院よりお電話にてご連絡致します。


02 資料のご準備

1.紹介状
2.診療情報 … 病理検査・画像検診(CT・MRI・エコー・X線など)・血液検査
3.申し込書の記入


03 ご来院

医師との面談を行い、
セカンドオピニオン、再ステージング、治療計画の立案、治療を行います。


料金

¥30,000(税抜)(初診料と画像診断料が含まれます)

※設問のテキストリンクをクリックし、回答をご覧ください。


主治医を変えるわけではありませんので、ほとんどの医師が協力してくださいます。まず一度ご相談してみることをお勧めします。

診療情報提供書、検査結果、画像等がございますと診察がスムーズに行えます。できる限りお持ちいただくようお願いしております。

可能です。患者様ご本人の同意書が必要となります。

診察に十分な時間をお取りするため、ご予約をお願いしています。