医療関係のみなさまへ

放射線治療器:トモセラピーについて

強度変調放射線治療(IMRT:intensity modulated radiation therapy)と画像誘導放射線治療(IGRT:image-guided radiation therapy)を併用して放射線治療を行う装置。体の周りをらせん状に回転し、MLC(multi leaf collimator)を使用し、360度で放射線を照射します。また、トモセラピーの大きな特徴としては、複数箇所を一度に治療する事が可能です。

放射線治療器:トモセラピーについて

※複数治療は条件があります。

強度変調放射線治療(IMRT)

多方向から放射線を照射する時に、放射線の強度へ変化させ治療部位の線量を高める方法

画像誘導放射線治療(IGRT)

治療直前にメガボルトCTを撮影し、治療計画時のCTと位置補正を行う事。

MLC

ビームの強度を変調させるもの。照射角度に合わせてコリメータが開閉する。

放射線治療器:トモセラピーについて

・治療時にCTを撮影し位置補正を行います。これにより治療部位に対してピンポイントで放射線を照射する事が可能です。
・一度の治療で複数部位の照射が可能に。トモセラピーは全身をターゲットにしています。
・従来のリニアック治療と比較し、治療期間の短縮が期待できます。
・外来通院での治療が可能です。

保険対応疾患

・強度変調放射線治療(IMRT)の場合
・限局性の固形悪性腫瘍

副作用について

放射線治療は高線量の放射線を使用して治療を行う為、急性放射線障害と晩発性放射線障害と呼ばれる症状が起きる事があります。急性放射線障害の主な症状は、皮膚炎・脱毛・吐き気などがあります。これらの症状は一過性のものが多いです。
一方、晩発性放射線障害は肺線維症や膀胱炎などがあります。
詳しくは主治医か放射線治療専門医にお尋ね下さい。

治療について

1日辺りの治療時間は30~60分ほどです。
週に5回繰り返し、治療部位、箇所によっては1ヶ月~数ヶ月かけて治療を行っていきます。
治療スケジュールについては、個々の病態によって変わってきますので、放射線治療専門医にお尋ね下さい。

放射線治療器:サイバーナイフについて

サイバーナイフとは

ロボット誘導型定位放射線治療機器と呼ばれ、線量集中性や位置補正、非侵襲性に優れた放射線治療機器です。
※定位放射線治療とは従来の外照射よりも高精度な位置決めにより病変の形状に合わせた照射をする事です。周辺の正常組織の被爆を減らし対象部位に高線量を照射します。
対象病変は、脳腫瘍を初めとする頭蓋内病変、肺がん、原発性肝がん、前立腺がんなどがあります。ガンマナイフのように、頭蓋骨にフレームを固定する必要が無く、侵襲性が低い検査になります。入院の必要も無く、外来通院での治療が可能です。

※2017年末に稼働開始予定です。

サイバーナイフとは

線量集中
多方向からの細いビームを照射する事で、ターゲット(治療部位)への放射線線量集中性を高める事が可能に。またターゲットに対してアイソセントリック、ノンアイソセントリックを選択する事も可能です。

線量集中

位置補正・呼吸追尾機能


Xsight Lung Tracking
マーカー留置の必要が無い為、非侵襲的。
ただし適応可能な条件があり、腫瘍サイズが15mm以上である事、腫瘍の位置が肺内の周辺部にある事、X線ライブイメージングで確認出来る事の3条件を満たした症例に適応可能である。

①治療開始前
Xsight® Spine Tracking System
を利用し、椎体を中心にCT撮影時の
ポジションに患者を寝台で位置補正

②治療中(照射中)
腫瘍の直接位置合わせにより、
ロボットアームで呼吸動を伴う腫瘍を追尾

呼吸に伴う動きあるが、マーカー無しで追尾し治療をする

呼吸に伴う動きあるが、マーカー無しで追尾し治療をする

非侵襲性

従来のガンマナイフでは頭部をボルトで固定する必要があり、侵襲性が高い治療法でした。

非侵襲性

サイバーナイフはボルトで固定する必要が無く、シェルといった編み目状の固定具を患者毎に作成して治療を行っています。

「原発病巣が直径5㎝以下であり、転移病巣のない原発性肺がん、または原発性肝がん、及び恋内で他病巣のない転移性肺がんまたは転移性肝がん、並びに脊髄動静脈奇形(頚部脊髄動静脈奇形を含む)」となっております。