がん治療のご案内

超高濃度ビタミンC点滴療法は、ライナス・ポーリング博士(ノーベル賞2度受賞)によって発見された、驚くべき癌の代替治療法です。
その治療法は、『超高濃度ビタミンCは正常な細胞に影響を与えず、ガン細胞だけを殺す、副作用のない理想的な抗がん剤である』との驚くべき内容で、米国国立衛生研究所や米国国立ガン研究所によって発表されました。

糖を栄養とするガン細胞は、構造が類似したビタミンCを積極的に取り込みます。その際、毒性のある過酸化水素が大量に発生します。ガン細胞は過酸化水素を除去する酵素が乏しいため、結果として死滅します(正常細胞は過酸化水素を分解する酵素を持っているので影響がない)。

血中濃度とガン細胞生存率の関係

血中濃度とガン細胞生存率の関係(図①)ビタミンCの血中濃度が高いほど、ガン細胞の生存率が低くなる(ガン細胞が死んでしまう)。

高濃度のビタミンCの各細胞への影響

高濃度ビタミンCの各細胞への影響(図②)高濃度ビタミンCは正常細胞には影響を与えないが、ガン細胞は死んでいる。

QOLの向上

この治療は嘔気や嘔吐、脱毛といった副作用がありません。
そして、抗がん剤や放射線治療との併用で効果が高まるだけでなく、抗がん剤の副作用を軽減します。結果として、QOL(生活の質)が改善します。痛み・倦怠感が軽減し、食欲増進や心身の体力回復につながります。

QOLの向上

免疫力が上がる

超高濃度ビタミンC点滴を受けている人は、風邪やインフルエンザにほとんどかかりません。
超高濃度ビタミンCは体力を回復させた上に、免疫力を向上させます。


排毒・鎮痛・消炎効果がある

超高濃度ビタミンCは活性酸素を除去し、炎症を抑えて体の回復を早めます。
また排毒作用が強く、役目を果たした抗がん剤の排泄を促します。

G6PDクリーニング検査とは、赤血球膜G6PD活性の測定をするものです。
G6PDは、抗酸化成分の濃度維持に重要な赤血球にある酵素です。
この酵素が遺伝的に欠損していると、超高濃度ビタミンC点滴を受けた際に溶血発作を起こす危険性があるため、この酵素の検査を事前に行い、酵素欠損のある方は超高濃度ビタミンC点滴を受けることができません。

ビタミンCは少量の投与量から開始し、段階的に治療レベルまで増量します。
抗がん作用を発揮する超高濃度ビタミンCの投与量は、およそ50〜100gとされています。その効力を発揮するビタミンC血中濃度にするためには、通常週2回の点滴が必要です。

・次のガンなどでお悩みの方
 米国では、次のガンへの治療効果が報告されています。
 乳ガン、前立腺ガン、直腸ガン、肺ガン、悪性リンパ腫、大腸ガン、すい臓ガン、卵巣ガン、
 膀胱ガン、腎臓ガン、子宮ガン、卵巣癌、多発性骨髄腫 など

・有効な治療法がない
・現在抗がん剤や放射線治療をしている
・抗がん剤や放射線治療の副作用を和らげたい
・再発が心配な方、転移予防、がん予防

01 診察予約

月・水曜日の診察になります。

HPの予約フォームもしくはお電話にてご予約を承ります。
TEL:028-657-7300ガイダンス後①を押してください。


02 初診

医師との面談を行います。
・初診面談料…10,000円(税抜)


03 血液検査

G6PDの検査を行います。(初回のみ)
・G6PD検査料…10,000円(税抜)


04 点滴

超高濃度ビタミンCの点滴をおこないます。

・料金は投与量によって異なります。
・点滴時間は25gで約1時間になります。


WEBから予約する
お電話から予約する
経営者のための健康経営セミナー