当院のご案内
クリニックからのお知らせ

当院代表佐藤俊彦のコラム ~去勢抵抗性前立腺癌の皆様へ~

去勢抵抗性前立腺癌の皆様へ

宇都宮セントラルクリニック 放射線診断医 佐藤俊彦

 

前立腺がんは、男性ホルモンによって引き起こされると言われています。したがって、基本的には男性ホルモンに対するブロッカーを使い、手術や放射線治療で治療を行います。PSA(前立腺特異抗原)という腫瘍マーカーを目印として病変のコントロールをしていきます。治療に反応があれば、PSAは正常化していきます。しかし、これらの治療に抵抗して遠隔転移を起こしてくる腫瘍があり、これを去勢抵抗性前立腺がんと定義しています。

 

こうなると抗がん剤を用いるわけですが、ドセタキセルは比較的副作用が少なくて有効な薬と評価されています。しかし、これも効かなくなると、新規の抗がん剤であるカバジタキセル(ジェブタナ)、新規のホルモン治療剤として、エンザルタミド(イクスタンジ)とアビラテロン(ザイティガ)をトライしますが、これも効かないとなると標準治療では他に方法がないため、緩和医療を勧められます。

 

自由診療となりますが、治療には3つの選択肢があります。

  1. トレミフェンによる治療
  2. 免疫細胞療法
  3. Lu-PSMA治療

 

1.トレミフェンによる治療

前立腺がんの組織を再度組織生検すると、そこに女性ホルモンレセプターが証明されることがあります。この場合、標準的なホルモン治療では女性ホルモンを服用させることがあるのですが、かえって腫瘍の増殖を促進させることになってしまうため、逆効果になります。こういった場合に、ブロッカーのトレミフェンを使います。

2.免疫細胞療法

免疫細胞療法には確立された方法はありませんが、私の経験ではBAK療法でCR(がんの徴候が消えている状態)になった患者さんを経験しています。原理的には、CAR-T細胞療法のようなシステムを構築することも可能であると思います。免疫チェックポイント阻害剤では、イピリブマブとニボルマブの併用で、良好な結果をMDアンダーソンが報告しています。

3.Lu-PSMA治療

Lu-PSMA治療は、前立腺がんの膜表面にPSMAというタンパクが存在するので、抗体医薬でそこにベーター線を出すルテシウム(Lu)を標識して、組織内照射を実施するものです。副作用は、PSMAを少量含んでいる唾液腺・涙腺・小腸・腎臓・骨髄にわずかな障害が起こりますが、重篤なものはありません。治療の適応は、PSMA-PETで事前に確認して、治療後もがんに集まっているかを確認することが可能です。当院では、Würzburg(ブュルツブルク)大学病院の福島先生との提携でこの治療をご紹介できる体制を構築しました。まずは、私のセカンドオピニオン外来を受診していただくか、遠方の方はオンライン診療を使って受診して下さい。詳しいご説明をさせて頂き、適応があれば福島先生をご紹介致します。先生は、月に1度継続してドイツに行かれておりますので、患者様にはその日程に合わせて治療を受けて頂くことができますし、秋からは日本人留学生も滞在される予定です。このように、日本人の先生に対応して頂くことができ、安心して治療を受けることが可能です。

これはルテシウムによる治療ですが、PSAのレベルがコントロールされていることがわかります。

 

いい治療ですし、日本人の先生方がサポートしてくれますので、諦めずにぜひトライして下さい。