放射線治療センター

自家がんワクチン

自家がんワクチン

特徴

がん抗原や免疫担当細胞は、患者様一人一人によって異なるのが普通です。「自家がんワクチン」は、患者様自身のがん組織を固定したものが原料ですから、その患者様だけに特有ながん抗原を含みます。そのため、安全性、有効性の高い治療法となります。

※自家がんワクチンについてさらに詳しく知りたい方は、セルメディシン社 ホームページへ

1.手術
2.特殊加工
3.患者様ご本人に注射
4.免疫細胞ががんを攻撃

投与期間

2週間に1度、計3回、皮内に注射します。この前後の免疫反応テストも加え、全部で5回の注射で済みます。
外来通院で投与可能です。

受付時間火・木・金 9:00〜18:00 電話で予約する TEL.028-657-6700

注意事項

自家がんワクチンの治療では、患者様自身のがん組織(ホルマリンなどで固定したもの)を用意していただきます。
がん組織は1.5~2g必要になりますので、手術を行った主治医に依頼して入手していただきます。

治療の流れ

01 準備

外科手術で取り出した自身のがん組織が必要です。

手術を行った主治医にご相談ください。


02 診察予約

予約フォームまたはお電話よりご予約ください。
TEL.028-657-6700


03 初診

医師との面談をおこないます。


04 ワクチン作成

自家がんワクチンは、がん組織を持参してから、1週間程度で出来上がります。


05 治療

2週間に1度、計3回、皮内に注射します。この前後の免疫反応テストも加え、全部で5回の注射で済みます。
外来通院で投与可能です。

受付時間火・木・金 9:00〜18:00 電話で予約する TEL.028-657-6700

がん治療の種類