乳腺外来のご案内

初診の流れ

通常検査

問診票記入

問診表への記入内容を予めメモしておくと便利です。月経の状況や、月経周期、最終月経日、妊娠・出産の有無などです。その他気になることは、問診でドクターに伝えましょう。

問診票記入

診察(視診・触診)

ベッドに横になり、乳房に変形やしこりがないか、また乳頭からの出血、分泌液に血液が混じっていないかなどを診ます。当院は女性専用施設ですので、安心して医療サービスを受けることができます。

診察(視診・触診)

画像診断

マンモグラフィーとエコーによる検査があります。受診者の年齢、乳房の状況によって、マンモグラフィーかエコーもしくは併用かを決定します。

画像診断

診断結果報告

検査の結果、精密検査が必要な場合は、改めて乳房の疑わしい部位の細胞を採取して調べる生検を行います。

診断結果報告

再診の流れ

精密検査

フォローアップ検査

前回の診察時に予定されたマンモグラフィ検査や超音波検査を受けます。前回の画像と比較し変化が無いかどうかの検査になります。症状や病態によってマンモグラフィ検査だけの場合や超音波検査だけの場合、両方の場合があります。

フォローアップ検査

診察・診断結果報告

撮影した画像を元に専門医が診察をします。その際、変化が無ければ一定期間をおいてフォローアップ検査の予約を取ります。変化があった場合は、MRIなどを使用した精密検査になります。

診察・診断結果報告

精密検査の流れ

精密検査

画像診断(MRI・PEM)

MRI-強い磁気を用いてあらゆる角度から乳房の断面図を撮影し、病巣を画像化します。血管や筋肉も同時に写し出せるので、しこりの位置が正確に特定できます。PEM-乳房専用のPET装置で、空間分解能に優れ、他の画像診断では鑑別できない微小な乳がんの検出にも有効です。

画像診断(MRI・PEM)

 

穿刺吸引細胞診や針生検

穿刺吸引細胞診は、乳房内のしこりに直接、細い 針を刺し、吸引した細胞を顕微鏡で調べる検査です。痛みが少ないため、麻酔は必要ありません。 針生検は、乳房内のしこりに直接、バネ式の針を刺し、採取した組織を調べる検査です。細胞診より針が太いため、局所麻酔が必要です。


超音波下マンモトーム生検

超音波画像を確認しながら、しこりや石灰化のみられる部分に針を刺して回転させ、病変を吸引しながら組織を採取します。1回の穿刺で、複数の組織を採取でき、ほぼ確実な診断が可能になります。局所麻酔下で行い、4mm程度の傷口も縫合の必要がなく約1カ月で目立たなくなります。

超音波下マンモトーム生検

精密検査結果報告

精密検査の結果を基に、適切な処置・アドバイスを行います。

乳腺外来の診察日

※医師の名前をクリックすると医師紹介ページに移動します。