当院のご案内
クリニックからのお知らせ

当院代表佐藤俊彦のコラム ~去勢抵抗性前立腺がんのLu-PSMA治療に関して(続報)~

去勢抵抗性前立腺がんのLu-PSMA治療に関して(続報)

宇都宮セントラルクリニック 放射線科医 佐藤俊彦

 

前回のメルマガでも、ご報告しましたとおり、前立腺がんには、ホルモン治療を実施するのですが、これに抵抗してがんが増殖するものを、去勢抵抗性前立腺がんと言います。

この場合は、抗がん剤を投与するしかありませんが、抗がん剤の投与により反応するのは30%程度で、1年以内に死亡するケースがほとんどです。

これに対して、外照射で放射線治療を実施することも、初期には可能ですが、広範囲に転移巣が広がると、放射線による外照射ではもはや治療が困難です。

 

そこで登場するのが、内用療法という治療法です。

この療法はがん細胞がもっているPSMAというタンパクに対して、特異抗体を準備します。そこにGaを標識してPETを撮影することで、まずはがん細胞にPSMAが存在することを確認します。したがって、Ga-PSMAで陽性であることを確認して、Lu-PSMAを投与し、組織内からβ線照射を開始します。

前立腺がんの中には、この物質が存在しない細胞(神経内分泌腫瘍:NET)に変化するものも報告されており、DOTATATEを用いたPETを実施することで診断も可能です。

上の画像は治療前(下段)と治療後(上段)の比較です。たった1回のLu-PSMA投与で腫瘍サイズが縮小していることがわかります。これにより、以下のグラフのように腫瘍崩壊症候群が発生し、一過性にPSAの急上昇をもたらしましたが、その後急速にPSAが低下しました。実際患者側にも腫瘍崩壊症候群による体調不良がありましたが、すぐに回復されています。

この度、2回目のLu-PSMAを実施しましたが、1度目の副作用より軽微のようです。

注意を払う注目点は、両側の耳下腺に集積していることです。つまり、唾液腺も放射線照射されてしまうので、治療中の冷却が必須です。

そして、このあとの治療としては、Immuno-Radiation therapy(免疫放射線療法)が重要になります。

https://www.cancerit.jp/62230.html

前立腺がんは、免疫治療が効かない”冷たいがん”として有名ですが、これにニボルマブとイピリブマブを併用することで有効と報告されています。

こちらの前立腺がんも当院のケースですが、去勢抵抗性になり、抗がん剤を実施していましたが効果がない患者さんにBAK療法を実施したケースです。PET画像では、CR(完全奏効)になっていることがわかります。

したがって、去勢抵抗性前立腺がんに対して放射線内照射のあとに何らかの免疫治療が有効であると考えます。

 

当院では、ブルツブルグ大学の福島先生と共同で、これらの患者さんのアウトバウンドのご支援をしております。スケジュールの例は以下の通りです。1クールが3~4回で、治療と治療の間に基本的には約8週間の休みがあります。

遠方の方で相談されたい場合には、当院の遠隔医療システムを使えば、全国からお問い合わせが可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

https://ucc.or.jp/telemedicine/

 

今後、去勢抵抗性前立腺がんに関しては、患者さんの急増が予測されています。しかし、国内では、診断目的のGa-PSMA検査や治療目的のLu-PSMAの体制が未整備の状況です。

前立腺がんの患者さんは、比較的全身状態がいい患者さんが多いので、渡航に関しても、十分に耐えられる患者さんが多くいらっしゃり、私たちはこのシステムを積極的に押し進めるつもりです。

近い将来に、日本でもこの治療はポピュラーになってくると思いますが、まずは、患者さんと一緒に勉強していこうと考えております。

暑い毎日が続きますが、ますますのご健勝を御祈念いたします。

今後とも、当院へのご支援のほど、よろしくお願いします。